ブログ

サロンの改装を一緒に考えましょう

2018/05/01
このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室、ネイル、エクステサロンのお店の方、しばらくお付き合い下さい。

最近はサロン同士の競争が激しく、なかなか固定のお客様が付いてくれないと

お嘆きの店長さんがいらっしゃいます。

お客様もシビアなもので、技術が良ければOKというわけではもちろんなく、

少しでも「カン」に障るところがあると二度と来店してくれない方もいる様で、

アンケートなどで正直に答えてくれるなら分かりやすいですが、

ほとんどの方がお答え頂けないままです。

私達もお客様がサロンに求めるものは何か?を探りながら

リフォーム店として出来ることを実践しております。そこで気が付いたところです。

まずは清潔感。やはりここは一番なのではないかと思います。

内装については好みが分かれるものですが、こだわりのある店長さんだと、黒を基調としてみたり、

「エイジング」といって古い木材風の建材を使った部屋のデザインを好む方がいますが、

それはそれで否定はしません。ただ、全体のバランスを考えないとかえって

お客様を寄せつけないお店になってしまいます。

実際、せっかく場所は一等地で目立つところなのにデザインが残念な為に

一年も経たずに閉店したお店をいくつも見ています。

おしゃれのつもりが好みを反映しすぎた度を越したデザインだと、

エイジングがまるで廃墟(?)の様なみすぼらしい内装になってしまいます。

しかも薄暗い店内だとそれだけで入店を拒む方もいるかも知れませんね。

他店との差別化は非常に重要ですが、清潔感を突き詰めると没個性につながってしまいます。

そこが難しいのではありますが、一にも二にもお客様に来店して頂かないことには何も始まりません。

次に安全か?ということ。

お客様に目をつぶってもらうことがよくあると思いますが、

目を開けてすぐに立つと平衡感覚を失いやすく、棚に手足をぶつけてしまうかもしれませんし、

ちょっとした床の段差でもつまずいてしまうかもしれません。

この辺りも設計上ではわかりずらく、現場で店長さんと何度も打合せを繰り返します。

一件面倒かとも思える事でも、どうしたら快適に利用して頂けるかをお互い考え、

一人でも多くのお客様を取り込める様に考えていきましょう。

 

これからお店を始める方、そろそろ模様替えをとお考えの方、移店、増店をお考えの方、まずはご相談下さい。

小規模店舗、サービス、飲食、雑貨店の方ももちろんOK!

このエントリーをはてなブックマークに追加